camera

凝った名刺づくり

フリーランスの人の名刺の価格帯

camera

フリーランスの人が名刺を作る場合、出来るだけ個性的にしようという流れがあります。たとえば、普通、名刺の素材というのは紙ですが、プラスティックにしたり、あるいは特殊紙を利用して半透明なものにするというケースが増えてきています。やはり、特殊な素材を使うと作成料金は高くなる傾向にあります。 ただ、逆に名刺にはそれほどお金をかける必要はないというフリーランスの人も多いです。というのは、変わった紙を使おうが、特殊な素材を使おうが、情報が相手に伝わればそれでよく、また、フリーランスは名刺を作るお金を会社が負担してくれるわけではないので、出来るだけ安く作りたいと考える人が少なくないからです。 そういう人は、ソフトとプリンターを利用して名刺を自作する場合もあります。自分で作れば、デザイン料や配送料はかからないので、当然、業者に頼むよりも安く作ることが出来ます。

印刷業者に直接頼む方式からネットでの注文へ

フリーランスの人がいろいろな方向性で名刺を作れるようになったのは、やはり、インターネットやITの普及が大きいと言えるでしょう。パソコンやプリンターがないと自分で名刺を作ることは難しいですし、また、特殊紙で作ってもらうということも難しいからです。 ネットやITが普及する前は、フリーランスであっても、やはり印刷業者に依頼するというのが一般的でした。その後、印刷業者やデザイン業者がインターネットのオンラインショップで名刺を販売するようになり、そこを利用するフリーランスが増えました。フリーランスのデザイナーが仕事の一つとして名刺のデザインをネットで請け負うようになり、個性的なデザインのものを作れるようになりました。また、海外の業者でも発注出来るようになりました。