camera

専用の名刺

フリーランスになって名刺を発注する場合の予算

women

名刺を自分で発注しなければならない状況というのはいくつかあります。まず、会社から独立した、あるいは起業したという場合です。この場合、当然、会社員だった頃の名刺は使えないので、新しいものを頼まないといけません。また、プライベートの集まりがあって、そこでは会社の名刺を出すことは出来ないというケースです。たとえば、ソーシャルネットワークで知り合った人同士のオフ会で、本名ではなく、ハンドルで自己紹介を行いたいという場合は、やはり専用の名刺を頼まないといけません。 では、こういったオリジナルの名刺を頼むのにどれぐらいのお金がかかるのかというと、発注枚数が50枚であれば、1000円ぐらいから5000円の間ぐらいになるでしょう。

立場によって印刷する内容が変わってくる

インターネットのオフ会で知り合った人に渡す名刺を作る場合、住所や携帯電話番号といった、直接的な連絡先を書くことは少なく、インターネットサービスのアカウントのみを印刷するというケースが多いです。これは、個人情報を守りたいということからです。女性の場合は特に連絡先を伏せる傾向にあります。 では、フリーランスになったり、起業した場合に作る名刺はどうかというと、会社、あるいは自宅の住所と携帯電話番号を掲載するのが一般的です。仕事をする際、資料などを送ってもらわないといけないことがあるので、これらの情報は必須になるからです。 ただ、フリーランスで活動している人はソーシャルネットワークのアカウントも印刷しておくことが多いです。